白髪の悩みや白髪染めトリートメント部分隠し比較などは白髪ペディア

50歳という年齢は白髪とは切っても切れないお付き合い?

50歳という年齢は白髪とは切っても切れないお付き合い?

白髪が気になりはじめる30代。
白髪が明らかに増え始める40代。
そして本格的に白髪対策を始める人が増えるのが50代です。

50代になってからはじめて白髪染めを利用するようになったという方々の口コミのご意見を参考に傾向とそれぞれの予防策をまとめてみました。

まず多かった回答では、40代後半から50才を超えたあたりから途端に白髪の比率が増えはじめるというご意見です。
それまでは、もみあげや即頭部に白髪がちらほら生えているのは気づいていたようですが、(中には頭頂部やつむじから白髪が増えたという方もいらっしゃいます。)その本数の比率は数えて推測するにおよそ全体の5%ほど。しかし50才をまたぐ年齢になると、全体の1割前後、多い方では1割~2割と回答される方もいらっしゃいました。

ここまでくると人との第一印象が老けて見られるようになってしまいますし、サービス業や営業職の方だとお客様と接する際の印象や接し方、立ち回りも色々と考慮しなければならなくなるでしょう。

そうした職場でのつきあいや仕事上の都合も配慮して白髪染めを利用しはじめることが多いのが50代なのです。

この年齢になって白髪が増え始めた方は、体全体の「老い」による白髪であることはどうしても避けようがありません。

どんなに内服型のサプリメントや髪に大事な栄養素を含んだ食品を摂取して白髪を予防しようとしても、黒い髪の状態で育毛することが難しく、やはり染める方法が最も手っ取り早い白髪ケアとなります。

さらに口コミのご意見で多かったのは、”手間”という面を考えると、平日はお仕事、週末は家族のことや趣味となるとなかなか美容院にこまめに通って白髪を染めることも難しくなり、セルフで白髪染めを行う方法を取ると言う方が多いようでした。

売れ筋の白髪染めの傾向としては、ドラッグストア等で市販の白髪染めを使用して染めてみたが、白髪の部分のみ光って目立って見えてしまったり、違和感が出てしまってなかなか上手に染めることができずにいたが、最近になって仕上がりが自然で艶も出て、リピートするようになったのが白髪染めのトリートメントであったと回答されている方が多いようでした。

50才という年齢は白髪とは切っても切れないおつきあいのはじまる年齢です。
上手に白髪対策を行いながら容姿面においてストレスの少ない生活を送りたいものです。

綺和美 白髪隠し Root Vanish By Kazumi

綺和美 白髪隠し Root Vanish By Kazumi カラーリングブラシは、気になる生え際や分け目の白髪部分に簡単にさっと塗って使える、筆タイプの白髪隠しです( ... 続きを読む

【白髪用】利尻ヘアカラートリートメント

白髪染め利尻ヘアカラートリートメントは、白髪染めで感じるお悩みや負担を解消するために開発した、無添加のヘアカラートリートメント(白髪染め)です。 天然利尻昆布のヌルヌ ... 続きを読む

ピア無添加ヘナ

白髪染めピア無添加ヘナは、インドソージャット地方から毎年収穫される上質なヘナに、髪と頭皮環境を改善するインドハーブを配合した完全無添加のヘナです。 収穫~製造販売まで ... 続きを読む

アデランスアプロナヘアカラー

アデランスのアプロナヘアカラートリートメントは、髪と地肌にやさしいヘアカラートリートメントです。 天然由来植物成分を贅沢に配合し、さらに利尻、日高のW昆布エキス、コエ ... 続きを読む

マリアンナプラス 煌髪

マリアンナプラス煌髪は、染めながら養い、トリートメントタイプで手袋要らずの手軽さを実現。 白髪をはじめとした髪年齢に必要な成分を聖マリアンナ医科大学が開発した毛髪 ... 続きを読む

綺和美 カラートリートメント/白髪用

綺和美 カラートリートメントは、無添加(パラベン、香料、鉱物油)・ノンシリコーン・天然植物由来成分配合により、髪や頭皮に優しく、肌の弱い方でも使用できる白髪染めトリート ... 続きを読む

Top