白髪の悩みや白髪染めトリートメント部分隠し比較などは白髪ペディア

白髪染めを使う頻度はどれぐらいが丁度良い?

白髪染めを使う頻度はどれぐらいが丁度良い?

白髪が気になるからと言って、または、白髪が染まらないからと言って、高頻度で白髪染めを使用するというのは、理にかなった白髪染め方法とは言えません。

それから面倒だから根元から抜いてしまうというのも毛穴を傷めることとなり、根本的に頭皮ダメージを蓄積することとなり良くありません。

白髪は目立つほど生えてきてから対処をするのではなく、できれば必要な栄養素を日頃の食生活から摂取することや、上質の睡眠を得るなど、根本的に予防に努めていることが望ましいですが、白髪ができやすい遺伝の人や、体質というのも影響するものであり、止むを得ず多くなってしまう人や、突発性の白髪というものもあります。

このような場合、気になる人は白髪染めやヘアカラーを使って染める対処を行うのですが、どのぐらいのペースで白髪染めを使用するのが良いのか?

ヘアカラーや白髪染めに含まれる染料や薬剤は、頭皮の負担軽減を念頭にした開発が進み、現代では頭皮ダメージが以前の製品と比べ、大幅に減少しました。

減少したとは言え、無害になったわけではなく、やはり度を越えて使用しすぎると幾らかの頭皮ダメージは与えてしまうこととなり良くありません。

白髪に対しては、黒髪の方が使用するヘアカラーでは染まりにくいため、「白髪染め専用の製品」を用いて染めます。

白髪染め専用製品の仕組みは、髪の表面のキューティクルを剥がし、染料が髪の毛の内部まで浸透することで髪を黒く染め上げます。つまり、髪を構成する結合力を弱めて染めているメカニズムなため、白髪染めは使用するほどに、その構造を弱らせているということになります。

またどれだけ慎重に染める作業を行ったとしても、薬剤が頭皮に付着することは免れず、頭皮へのダメージもある程度は覚悟しなければなりません。

白髪染めは製品の開発メーカーによって推奨頻度が異なりますが、平均し、およそ2ヶ月に1度の使用の推奨が多く、中には月に1度という製品もあります。ヘアサロンや美容院で染める場合は専門のプロのアドバイスがあるため、相談しながら染めることができて安心ですが、セルフで行う場合には製品の特性をよく読み理解し、適切な頻度で使用することが大切です。

もしも通常の白髪染めで満足のいく白髪ケアができない場合には、ヘアマニキュアのような一時的な製品を活用し、イベントなどの用事を乗り切り、地道な白髪対策は通常の白髪染めで月に1度染めておくことということをおすすめします。

白髪用ヘアカラートリートメント綺和美はコチラ≫

綺和美 白髪隠し Root Vanish By Kazumi

綺和美 白髪隠し Root Vanish By Kazumi カラーリングブラシは、気になる生え際や分け目の白髪部分に簡単にさっと塗って使える、筆タイプの白髪隠しです( ... 続きを読む

【白髪用】利尻ヘアカラートリートメント

白髪染め利尻ヘアカラートリートメントは、白髪染めで感じるお悩みや負担を解消するために開発した、無添加のヘアカラートリートメント(白髪染め)です。 天然利尻昆布のヌルヌ ... 続きを読む

ピア無添加ヘナ

白髪染めピア無添加ヘナは、インドソージャット地方から毎年収穫される上質なヘナに、髪と頭皮環境を改善するインドハーブを配合した完全無添加のヘナです。 収穫~製造販売まで ... 続きを読む

アデランスアプロナヘアカラー

アデランスのアプロナヘアカラートリートメントは、髪と地肌にやさしいヘアカラートリートメントです。 天然由来植物成分を贅沢に配合し、さらに利尻、日高のW昆布エキス、コエ ... 続きを読む

マリアンナプラス 煌髪

マリアンナプラス煌髪は、染めながら養い、トリートメントタイプで手袋要らずの手軽さを実現。 白髪をはじめとした髪年齢に必要な成分を聖マリアンナ医科大学が開発した毛髪 ... 続きを読む

綺和美 カラートリートメント/白髪用

綺和美 カラートリートメントは、無添加(パラベン、香料、鉱物油)・ノンシリコーン・天然植物由来成分配合により、髪や頭皮に優しく、肌の弱い方でも使用できる白髪染めトリート ... 続きを読む

Top